妊娠と歯のホワイトニング

妊娠と歯のホワイトニング

本サイトのメインテーマである膣トレは妊娠後の体の変化を感じている人に向けてというところがあります。

妊娠関連でトピックに上がってくるのが妊娠中または出産後の歯のケアについて。

よく聞く噂のような話として出産後に歯が抜けるというのがありますが、これはあながちウソではないということ。

出産が直接歯が抜けることに関わっているというよりは、妊娠中に免疫などが落ちたり、唾液の変化などで歯周病などにかかりやすく、虫歯になった結果として出産後に歯を抜く羽目になったというのが正しいようです。

またエストロゲン(女性ホルモン)の増加や内分泌の変調で、歯肉が赤くはれやすくなるという症例もあるようです。

出産の際にはかなりの力が歯に加わるので、詰め物や時には歯自体も割れるなんていうこともあるようです。

妊娠中の歯のケアは?

妊娠初期(1~4か月目)に歯の治療が必要な方は応急処置のみにして本格的な治療が必要な場合は中期に持ち越すことが推奨されています。

妊娠中期(5~8か月目)普通の治療がだいたい可能な安定している時期

妊娠後期(9か月目以降)は治療は控えて、出産後の6~8週目以降を目途に治療することがいいとされています。

それでは歯のホワイトニングはどうでしょう。

妊娠前から歯のホワイトニングが習慣になっていた人にとっては白くない歯に違和感を感じていつもどおりホワイトニングしたいと思う人がいるかもしれません。

ただホワイトニングの施術には漂白剤のような薬剤を使います。

この薬剤で実際妊娠に影響があるのかというと、答えはあるともないとも言えないというのが真実のようです。

つまり、文献や論文などでホワイトニングが妊娠に影響があると言っているものもなければ、妊娠に影響はないといってもいない、誰もそこについては調べていないので、医者としては薦めることはできないという結論で妊娠中の人は断るようにしているようです。

悪くいえば責任をとりたくない、良くいえば保証のない施術はできない(特にお腹の中の赤ちゃんがいる場合は特に)そんなところだと思います。

とにかく出産までは自分のルックスなどは二の次で、安全に出産することに集中しましょうということかと思います。

出産後落ち着いたところで、歯のホワイトニングはするようにしたいものです。

おすすめしている歯のホワイトニングはスターホワイトニングなどの大手のクリニック。

システムなどがしっかり確立されていて、今流行りのコロナ対策なども徹底されているので歯などのセンシティブな箇所は変にマイナーなこだわりを捨て、メジャーどころに任せるのが一番だと思います。

スターホワイトニングの口コミなどについてはこちらのサイトが詳しくまとめてあります。

妊娠についてはいろいろ医療の闇も深いようです。

妊娠中は時間もあるでしょうからネットなどを通じて情報収集が大事になってくると思います。